知りたい!がん保険ってホントに必要?

がん治療にかかる費用

がん治療には莫大な費用がかかると言われています。
がんが発生した場所や進行状況によってかなり違いがあると思われるので一概にはいくら必要かは言えないと思います。
ですが想像以上の費用が発生する事には間違いはありません。
主人が直腸がんと診断され手術をして2カ月近く入院をした時にかかった費用は65万円だったと記憶しています。
実際に病院に支払った金額は65万円でしたがその間仕事は休んでいる為に収入は全くありません。
家族が入院すると病院代以外に結構お金がいるものです。
入院に必要な物を買ったり毎日病院に行く為の交通費も馬鹿になりません。
社会保険に加入していたので高額医療と言う事で多少の還元はありましたが随分と時間がたってのことですし金額にすれば僅かとしか言いようがありませんでした。
がん保険に加入していなかった為に医療保険には加入していても保証は一切される事はありませんでした。
インターネットでがん治療にかかった費用を調べると多い人では650万円と言う人もあり一般庶民には到底払う事の出来ない金額です。
その為に病院などでは医療費が払えるか心配な人や、到底支払えない人の為に国が貸しだす制度があって病院に相談すれば手続きが出来るようです。
金利の低い借入金のような物で手術や入院にかかった費用を一旦国が立て替え払いをして分割で返済していくと言う仕組みです。
我が家の場合はその制度の話は聞いたのですが結局は利用せずに何とか支払う事が出来ましたが案外その制度を利用する人も多いかも知れないとも思いました。
人から聞いた話ですが病院では高額の治療費を回収出来ないのが病院経営を圧迫する一つの要因だとも聞きました。
がん治療の為に手術や入院をしても治療費が回収できない事があり裁判をすればいいのですがその時間や手間を考えると泣き寝入りという実態があるようです。
私の姉もがんになって半年近く入院して手術はしなかったのですが放射線治療を受けました。
実際にかかった費用は解らないのですが姉はがん保険に加入していなかったら到底支払える金額では無かったと言っていました。
主人の親友ががんと診断された時に医者から莫大な費用がかかるから生活保護を受けた方がいいと言われ手続きをした事があります。
主人の親友の場合は進行が早く助かる見込みが無かった為に延命処置だけですが1年以上の入院と放射線治療に莫大な費用が発生すると思われたからだと思います。
その親友もがん保険には加入していませんでした。

保険・がん保険に関わる話は、ここのホームページでチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017知りたい!がん保険ってホントに必要?.All rights reserved.